high land church
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 千歳ちゃんの物語 | main | がんばれ!大山くん、始まります。 >>

牛さんに名付けるという事。

 

 

Emeat-blog-wakate-09.jpg

Emeat-blog-wakate-08.jpg

 

 

Emeat ではお馴染みの東京のお寿司屋 『 酢飯屋 』 の現場を回す若手の

大山浩輝くん山本祐也くん、そして、たまたま酢飯屋で前日お手伝いし

ていた横山力さんがはるばる牧場に遊びに来てくれました。

 

 

 

 

Emeat-blog-wakate-06.jpg

 

 

今回の目的は、先日いよいよ出荷した自身の名前の付いた牛さん

『がんばれ!大山くん』の大山くんへの報告と、その大山くんが名付けた

『 金目鯛 』の様子を見にくるということでした。そして受精卵で産まれた

新たな『結』の子に、新人の山本祐也くんが名前を付けるという事でした。

 

 

 

大山浩輝くんが『 金目鯛 』と名付けた時の様子はこちらです。

 

 

  Emeatにっき →  Click!  『 酢飯屋ちゃんの贈り物 』

 

 

 

 

 

Emeat-blog-wakate-01.jpg

Emeat-blog-wakate-02.jpg

 

 

 

20歳、24歳の寿司職人修行中の二人が牛さんに名前を付ける。

そして体温を感じ、出荷の時にはソワソワし、それまでに料理人として成長し、

牛さんのお肉に対面する。やらせといて何なんですが、こんな事が20代で経験

できるなんて正直羨ましい!と思いつつ、この牛さんが存在している事で、どん

なに辛い修行であっても踏ん張って欲しいという思いが強くあります。

そして、無責任に名付けてもらってる訳ではなく、名付けて頂くというのは、最

大限に能力を引き出して出荷までたどり着かせるという牛飼いの強い責任感を

私達に与えてくれるんです。

 

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-wakate-07.jpg

 

 

 

 

牛さんに名前をつける。

もちろん名前ではなく番号で管理してるのが愛情がないという事では全く

ありません。我が家も昔は番号管理でしたし、名付けたものの出荷が辛く

て番号管理に戻した時期もありました。動物を飼う以上愛情がなければ成

り立たない職業だと思ってるので、牛さんを飼ってる人はどんな方法であれ

牛さんが大好きだと信じています。といいますか、牛さんにとっては名前だ

ろうが番号だろうが「なに勝手にやってんだ」という感じかもしれません。

 

 

 

牛肉をうまく売るために牛さんに名前を付けたわけでなく、牛さんに名前

を付けて管理する牛飼いとしてのそんな日常を私が送りたくて、でもそう

すると出荷の時辛くて、だったら販売までやる事で出荷が終わりではなく

途中になるから、なんか自分の中でバランスが取れるかなと、いろんな方

に協力してもらってEmeatという販売活動してる訳なんです。

 

 

 

ですから、牛さんに名付けるという行為で自分以外の誰かにやる気を与え

たり、繋がったり、そしてそれによって私達も身が引き締まったりと、

そういう場面に出会えた時にとっても幸せな気持ちになるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20:00 | comments(0) | -
 

Comment